コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロンバッハ修道院 ブロンバッハしゅうどういん

1件 の用語解説(ブロンバッハ修道院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブロンバッハしゅうどういん【ブロンバッハ修道院】

ドイツ南部のバーデンビュルテンベルク州北部の都市ヴェルトハイム(Wertheim)近郊にあるシトー修道院タウバー川(Tauber)はヴェルトハイムでマイン川に注ぐが、修道院は、この合流点からタウバー川の約10km上流に位置するタウバー谷の中にある。1151年に建設された3つの身廊(しんろう)を持つ初期ゴシック様式バジリカが、1222年に修道院となった。この旧修道院の建物が、バーデンビュルテンベルク州、およびヴェルトハイム市により整備され、講演、ワークショップ、演劇公演、展示会、クラシックコンサートなどを行う芸術・文化施設となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロンバッハ修道院の関連キーワードビュルテンベルクカールスルーエ城カールテオドール橋ギーンゲンバーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクメーアスブルクルートウィヒスブルク城ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone