ブント(読み)ぶんと(英語表記)Max Wundt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブント(Max Wundt)
ぶんと
Max Wundt
(1879―1963)

ドイツの哲学者で、W・ブントの子。ライプツィヒに生まれる。哲学と古典文献学を修め、イエナ大学教授、のちチュービンゲン大学教授。ドイツ観念論の系統に属し、その立場からのドイツ哲学構築を考え、『ドイツ哲学とその運命』(1920)などを著した。しかし彼の名を高めたのは、それまでカントを形而上(けいじじょう)学の否定者としてとらえるのが通念であったのに対して、彼を積極的に形而上学者として解釈し、カントにおいてドイツ形而上学の新しい局面の展開をみた点で、『形而上学者としてのカント』(1924)はその意味で著名である。また、哲学史家としても『ギリシア倫理学史』2巻(1908、1911)や『啓蒙(けいもう)時代のドイツ学校哲学』(1945)などを著した。[武村泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブントの関連情報