コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブータンの政治制度

1件 の用語解説(ブータンの政治制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブータンの政治制度

立憲君主制で議会が立法権を握るが、国王にも国民評議会(上陰定数25)議員のうち5人を任命できるなど一定の権限がある。議会は二院制で、予算については国民議会(下陰同47)が決定権を持つ。上院議員のうち20人は選挙で選ばれるが政党には属さない。下院選は2段階で実施。まず上位2政党を選ぶ投票が5月末にあり、改選前に45議席を占めた与党・ブータン調和党(DPT)と、2議席を持つ野党・人民民主党(PDP)がほかの2党を抑えた。今月13日、47小選挙区に2大政党が立てた候補者への投票がある。

(2013-07-10 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブータンの政治制度の関連キーワードカルロ・アルベルト制限君主制副署立憲君主制立法権手を握る独立命令立憲君主国立法機関覇権を握る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone