コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブータン民主化

1件 の用語解説(ブータン民主化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブータン民主化

1907年に成立した現王朝は長く鎖国政策をとったが、71年に国連に加盟。翌年に即位したジグメ・シンゲ・ワンチュク前国王は98年、内閣議長を退任して行政権を手放し、首相職を置いて閣僚に輪番制で担当させた。01年には初の成文憲法の制定を命じ、05年、「国王65歳定年制」や国会の議決と国民投票による国王の解任などの条項を盛り込んだ憲法案ができた。

(2007-12-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブータン民主化の関連キーワード広東政府漢民族五代十国サマリア曾我物語南北朝時代鎖国令チャクリ王朝WACLHarrisTownsend

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone