コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーローニュ・シュル・メール Boulogne‐sur‐Mer

世界大百科事典 第2版の解説

ブーローニュ・シュル・メール【Boulogne‐sur‐Mer】

フランス北部,パ・ド・カレー県の海港都市。人口4万4000(1990)。ドーバー海峡に臨み,漁港としてはフランス第1の水揚量で水産加工業も盛ん。旅客港としてはカレーに次いでフランス第2で,対岸のイギリスとはホバークラフトの便で結ばれている。都市圏人口は約10万人で鉄鋼業などの工業も立地している。第2次世界大戦中の戦災を免れた山の手地区には,13世紀の城壁や19世紀に建立されたノートル・ダム聖堂などが残っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブーローニュ・シュル・メールの関連キーワードアリアーヌ ムヌーシュキンジョルジュ マチューサント・ブーブエクセキアスマチューコクランドーバー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android