コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブー・サイード朝 ブー・サイードちょう Bū Sa`īd

1件 の用語解説(ブー・サイード朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブー・サイード朝
ブー・サイードちょう
Bū Sa`īd

オマーンの現王朝。 1964年まで続いたザンジバルの王朝もオマーンの王家の分家。イスラム教イバード派イマームとして,1749年頃より,オマーンと東アフリカ海岸地帯を支配。マスカットがその首都。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブー・サイード朝の言及

【オマーン】より

…以来,イギリスはオマーンにおける独占的影響力を行使する。一方,1744年ペルシア勢力の駆逐に成功し,イマームに選ばれたアフマド・ブン・サイード・アルブー・サイードAḥmad b.Sa‘īd al‐Bū Sa‘īdは,今日まで続く世襲的首長制を導入したが(ブー・サイード朝とよばれる),1783年の彼の死後,支配権が二分され,マスカトを拠点とする世俗的な首長と内陸ニズワーNizwāを拠点とする宗教的なイマームによる二元統治が始まり,両者の抗争期に入る。この間,首長勢力はインド洋世界の通商を拡大し,東アフリカにまで領有地をつくった。…

※「ブー・サイード朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブー・サイード朝の関連キーワードオマーンオマーン湾オマールオマージュチャクリ王朝デリースルターン朝オマーン原油マークVIIIトルーシャル・オマーン宮崎県西都市現王島

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone