コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プカイパ プカイパPucallpa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プカイパ
Pucallpa

ペルー中部,ウカヤリ県県都。首都リマの北東約 500km,アマゾン川源流ウカヤリ川にのぞむ河港都市で,高温多雨の熱帯雨林地帯にある。 1534年にさかのぼる古い町であるが,発展は 1945年リマからの道路が通じてからで,現在東部ペルー開発の拠点となっている。周辺に産する農産物を集散し,製材,ローズウッド油などの工場があるほか,南のガンソアスル油田から通じる延長 75kmのパイプラインの終点で,製油所も立地。アマゾン川沿岸にあるイキトスから 3000t級の船が遡航し,空港もある。人口 15万 3000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プカイパの関連キーワードティンゴマリアワヌコ県

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android