プクチョン(北青)(読み)プクチョン(英語表記)Pukch'ǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プクチョン(北青)
プクチョン
Pukch'ǒng

北朝鮮,ハムギョンナム (咸鏡南) 道の中部北東寄りにある町。プクチョン郡の郡庁所在地。ハムギョン (咸鏡) 山脈から流出するナムデ (南大) 川の谷口にあり,東海岸沿いの道路と,フチリョン (厚峙嶺) 峠を越えてトゥマン (豆満) 江岸にいたる道路との接点に発達。古くから平野部の農産物,沿海の水産物と,山間や高原の産物との交易地としてにぎわい,李氏朝鮮では兵馬節度使がおかれた。果樹作が盛んで,リンゴ,ナシ,ブドウ,モモ,イチゴなどを産するが,特に 16°以上の傾斜地を利用したプクチョン種 (国光種) リンゴの特産地として知られる。工業は木材加工,マッチ製造などがある。付近に鉄鉱山がある。ピョンラ (平羅) 鉄道のシンブクチョン (新北青) から支線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android