コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プチグリ Helix aspersa; petit gris; speckled escargot; brown garden snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プチグリ
Helix aspersa; petit gris; speckled escargot; brown garden snail

軟体動物門腹足綱マイマイ科。高 4cm,殻径 4.5cm。陸産貝類。殻は球状,やや薄いが硬く,螺塔は低い円錐形で螺層は5階,体層は大きく丸い。殻表は黄褐色の地に4~5本の黒褐色帯と多くの黒褐色斑があり,さらに全面に小皺がある。殻口は丸く,外唇は広がり厚い。臍孔はない。エスカルゴに似るが,小型で薄く,明瞭な色帯と絣模様 (かすりもよう) がある。西ヨーロッパに分布するが,北アメリカ,オーストラリア,南アフリカなどにも移り,すみついている。エスカルゴとともに食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プチグリ
ぷちぐり
common garden snail
[学]Helix aspersa

軟体動物門腹足綱マイマイ科のカタツムリ。エスカルゴとよばれて食用にされている貝の一つで、フランス、イギリスなど中西部ヨーロッパ原産であるが、現在は北アメリカ、オーストラリア、アフリカにも伝播(でんぱ)している。殻高、殻径とも30ミリぐらいで庭園などにごく普通にみられる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプチグリの言及

【エスカルゴ】より

…18世紀末にはパリでも食べられるようになり,現在ではフランスのほかスペインなどでも盛んに食用にされる。 この種のほか,プチグリH.aspersa(フランス名petit‐gris)も同様に食用にされるが,やや小型で3cmくらいでまるみがある。中・西ヨーロッパにふつうに見られ,南アフリカ,オーストラリア,アメリカにも移入されている。…

※「プチグリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プチグリの関連キーワードカニモリガイ腎細胞がんエスカルゴカニモリガイ(蟹守貝)カヤラントガリバガ(尖翅蛾)百万塔フクロユキノシタブレチネイデラレイシガイ(茘枝貝)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android