コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プチョン(富川)市 プチョンPuch'ǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プチョン(富川)〔市〕
プチョン
Puch'ǒn

韓国,キョンギ (京畿) 道の西部,ソウル市の南西に接する市。 1973年市制。ソサ (素砂) 邑の一部であったが,キョンイン (京仁) 道路,キョンイン鉄道にのぞみ,ソウルの衛星都市として発達。周辺の農村部はモモの産地として有名で,ブドウ栽培も始められた。 58年キリスト教徒により「信仰村」と呼ばれる工業集落が設立され,人口が急激に増加した。面積 49km2。人口 66万 7777 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プチョン(富川)市の関連キーワードソウル特別市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android