コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プチーロフ工場 プチーロフこうじょうPutilovskii zavod

世界大百科事典 第2版の解説

プチーロフこうじょう【プチーロフ工場 Putilovskii zavod】

ロシアの代表的な重機械工場。1872‐73年に海軍省技師プチーロフN.I.Putilovによってレール圧延工場として首都ペテルブルグに創業された。のち機関車製造に移り,20世紀に入ってからは軍需工場となった。初代のプチーロフは1880年に死んだが,第1次世界大戦前夜にはロシア・アジア銀行の頭取プチーロフAleksei Ivanovich Putilov(1866‐1926)が経営者となった。労働者の数は1905年に1万2000人,16年には2万1000人で,ロシア最大の工場であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プチーロフ工場の関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android