プッシュ型広告(読み)プッシュガタコウコク

デジタル大辞泉の解説

プッシュがた‐こうこく〔‐クワウコク〕【プッシュ型広告】

pull advertising》広告主側が主体となり、不特定多数に向けて配信する広告の総称。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのメディアを通じた広告のほか、ファクシミリ電子メールによる広告を指す。⇔プル型広告

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android