コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトナ修道院 プトナシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

プトナ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【プトナ修道院】

Mănăstirea Putna》ルーマニア北東部の村プトナにある修道院。15世紀、モルドバ公国のシュテファン大公により創設。中世モルドバ地方における最も重要な宗教施設の一つであり、火災により大半が破壊されたが後に再建。白い外壁をもち、内部は色鮮やかなフレスコ画が隙間なく描かれている。シュテファン大公とその一族の墓のほか、大公ゆかりのイコンなどを所蔵する付属博物館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

プトナ修道院の関連キーワードモルドバ公国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android