プナタランサシ寺院(読み)プナタランサシジイン

デジタル大辞泉の解説

プナタランサシ‐じいん〔‐ジヰン〕【プナタランサシ寺院】

Pura Penataran Sasih》インドネシア南部、バリ島中南部のウブド東郊の村ペジェンにあるヒンズー教寺院。同島の六大寺院の一つに数えられる。紀元前3世紀頃のものといわれる世界最大級の青銅製の銅鼓があり、かつて18個あった月の一つが地上に落ちてきたものという伝説が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android