プライデンブルフ(英語表記)Pleydenwurff, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プライデンブルフ
Pleydenwurff, Hans

[生]1420頃.バンベルク
[没]1472. ニュルンベルク
ドイツの画家。ネーデルラントに旅行し,R.ワイデンおよび D.ボウツの影響を受け,1451年頃からニュルンベルクで活躍。 60年代初めにブレスラウ (現ウロツワフ) におもむき,聖エリザベト聖堂の主祭壇画を制作 (1462完成) 。その他『磔刑』 (70頃,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) ,『レーウェンシュタイン伯の肖像』 (56?,ニュルンベルク,ドイツ民族博物館) 。息子ウィルヘルム (62頃~94) も画家。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android