コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラケーシン[2世] Pulakeśin II

世界大百科事典 第2版の解説

プラケーシン[2世]【Pulakeśin II】

?‐643ころ
インドの前期西チャールキヤ朝の君主。在位610ころ‐643年ころ。叔父のマンガレーシャMaṅgaleśaを殺して内乱を鎮静し,王位に就くと四方の群小勢力を服属させて王国を拡大した。当時北インドで覇を唱えていたハルシャ・バルダナ王のデカン侵攻を阻止したのは有名で,ペルシアホスロー2世からも使節が送られたといわれている。玄奘がインド各地を歴訪したのもこの王の時で,王国の土地が肥沃で農業の盛んなこと,人びとの素朴で勇猛な性情などを書き残している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプラケーシン[2世]の言及

【カダンバ朝】より

…その死後2人の子の間で国が南北に分裂し,北の兄王統は5人の王が立って6世紀中ごろまで続いたが,北方にチャールキヤ朝の勢力が拡大すると衰退した。南の弟王統もパッラバ朝,チャールキヤ朝に従属することが多く,7世紀初頭に6代目の王がチャールキヤ朝プラケーシン2世に倒された後は衰微の一途をたどった。のち10世紀から12世紀にかけて勢力を回復したが,地方的小政権の域を出るものとはならなかった。…

【チャールキヤ朝】より

…主要な系統はバーダーミBādāmi,カルヤーニKalyāṇi,東チャールキヤの三つで,前2者を併せて西チャールキヤ朝と呼ぶ場合もある。 バーダーミのチャールキヤ朝(前期西チャールキヤ朝)は,プラケーシン1世Pulakeśin Iによって6世紀半ばにバーダーミを都として始められ,8世紀中葉まで存続した。2代,3代の王キールティバルマン1世Kīrtivarman I,マンガレーシャMangaleśaは初代の子で,王朝の版図を拡大したが,王位継承をめぐって内乱が生じると2代王の子プラケーシン2世が610年ころ叔父マンガレーシャを殺して内乱を鎮定し王位に就いた。…

※「プラケーシン[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラケーシン[2世]の関連キーワードホスロー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android