コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラダー・ウィリー症候群(PWS)

1件 の用語解説(プラダー・ウィリー症候群(PWS)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プラダー・ウィリー症候群(PWS)

先天性の疾患。遺伝子の異常により1万~1万5千人に1人が発症するとされる。低身長、知的障害、情緒面の発達障害食べ物への強い関心と食欲、過食、成熟障害などが特徴。生後は哺乳(ほにゅう)障害、2~3歳ごろから過食が始まる。20歳ごろから糖尿病になる確率が高くなる。個人差はあるものの、こだわり、理屈っぽさ、怒りっぽさ、感情障害などが成長とともに表れ、対人関係に支障をきたすことがある。早期の診断、栄養指導、運動療泡成長ホルモン療法で過度の肥満を抑えたり、低身長を改善したりできる。北海道難病連の把握によると、道内には、PWS親の会が1団体、患者数は約80人。

(2010-05-10 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラダー・ウィリー症候群(PWS)の関連キーワード遺伝病先天異常分子病小人先天性貧毛症ムコ多糖症原がん遺伝子高アンモニア血症先天性異常先天性代謝異常症

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone