プラムディア・アナンタ・トゥル(英語表記)Pramoedya Ananta Toer

世界大百科事典 第2版の解説

プラムディア・アナンタ・トゥル【Pramoedya Ananta Toer】

1925‐ 
インドネシア作家。中部ジャワ生れ。独立戦争に参加,オランダ軍に捕らえられ,1947‐49年の獄中生活で創作を始めた。故郷の自然と風物,父親との葛藤と家庭の崩壊をテーマにした《ブロラ物語》(1952),《夜市のようにではなく》(1951),独立革命の栄光と悲惨を描く《ゲリラの家族》《夜明け》(ともに1950)などを発表,1945年世代を代表する作家の地位を確立した。56年の中国訪問を機に社会主義に傾斜,インドネシア共産党の文化運動の理論的中心となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android