コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラン・コロンビア ぷらんころんびあ

1件 の用語解説(プラン・コロンビアの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

プラン・コロンビア

内戦が長期化し麻薬製造の中心ともなっている南米コロンビアで、問題の根底にある貧困を解決しようと政府が策定した開発計画。麻薬の原料となるコカを栽培する農家に代替作物の生産を奨励するなど、内戦や麻薬に汚染された地域を環境保護地域、農業開発地域に変えようとした。コカインのまん延に悩む米国は全面的に支援し、下院は2000年1月、17億ドルの拠出を議決。その大半は軍事協力費で、コロンビアの反政府派は開発に名を借りた左派弾圧だと批判した。同年12月から5カ年計画でスタートしコカ畑をほぼ半減させたが、コカ栽培地を分散させただけだともいわれる。カリ市に生まれた同国最大の麻薬組織カリ・カルテルは、勢いをなくしたもののなお活動している。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラン・コロンビアの関連キーワード息が長い寝殿心棒中心街心ともなく麻薬取締法求子舞長期保険長期契約ハード・グッズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone