コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラン・コロンビア ぷらんころんびあ

知恵蔵の解説

プラン・コロンビア

内戦が長期化し麻薬製造の中心ともなっている南米コロンビアで、問題の根底にある貧困を解決しようと政府が策定した開発計画。麻薬の原料となるコカを栽培する農家に代替作物の生産を奨励するなど、内戦や麻薬に汚染された地域を環境保護地域、農業開発地域に変えようとした。コカインのまん延に悩む米国は全面的に支援し、下院は2000年1月、17億ドルの拠出を議決。その大半は軍事協力費で、コロンビアの反政府派は開発に名を借りた左派弾圧だと批判した。同年12月から5カ年計画でスタートしコカ畑をほぼ半減させたが、コカ栽培地を分散させただけだともいわれる。カリ市に生まれた同国最大の麻薬組織カリ・カルテルは、勢いをなくしたもののなお活動している。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android