プリトビー・ラージ・ラーソー(読み)ぷりとびーらーじらーそー(英語表記)Prithvīrāj Rāso

  • Prithvrj Rso

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドの叙事詩的年代記。『プリトビー王行伝』と訳される。異本が多く、12世紀末の成立と推定され、作者は、プリトビー・ラージの宰相で宮廷詩人のチャンド・バルダーイー(生没年不詳)とされる。デリーのヒンドゥー王、チョウハーン人最後の支配者プリトビー・ラージの武勇とロマンス、ヒンドゥー王侯同士の対立、プリトビー・ラージとジャエチャンドの争いにつけこんだムスリム勢力、ムハンマッド・ゴーリーの攻撃に敗退していく過程を記述する。かなり史実に即しているとはいえ、伝説と史実が混在している。[田中敏雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android