コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリモ・デ・リベラ Miguel Primo de Rivera y Orbaneja

世界大百科事典 第2版の解説

プリモ・デ・リベラ【Miguel Primo de Rivera y Orbaneja】

1870‐1930
スペインの軍人,政治家。カディスの名門出身。モロッコ,キューバ,フィリピンの戦役に参加,1898年米西戦争の敗北後,帰国。1909年からモロッコ遠征で活躍後,マドリード師団司令官。上院でモロッコ政策を批判して罷免され,22年カタルニャ方面総司令官に左遷された。第1次大戦後の不況,社会混乱で文民内閣が総退陣すると,政治に介入して23年9月,バルセロナでプロヌンシアミエントを行った。国王アルフォンソ13世の承認を得てクーデタに成功,議会を解散し,憲法を停止した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプリモ・デ・リベラの言及

【アリカンテ】より

…マドリードから最短距離の積出港で,石油精製,化学工業も進んでいる。内戦中,ファランヘ党の創設者プリモ・デ・リベラが投獄,処刑された所で,この都市も共和国政府側につき,フランコ反乱軍に投降した最後の都市として知られる。【宮川 智恵子】。…

【スペイン】より

…続発するテロ行為とストライキ,収拾がつかない議会,モロッコ戦争の失敗の責任をめぐる政府と軍部の対立など,まさにスペイン社会は混乱のきわみに達していた。
[独裁政]
 1923年9月12日早朝から翌13日にかけて,当時カタルニャ方面軍総司令官であったプリモ・デ・リベラ将軍が,祖国救済をスローガンとしてクーデタを起こし,国王アルフォンソ13世に全閣僚の罷免と憲法の効力停止を求めた。国王は将軍の要求を受け入れ,首相は辞任し,閣僚らはピレネーの国境を越えてフランスへ亡命した。…

【バルセロナ】より

…このような状況を背景に,19世紀末からバルセロナを中心に燃え上がったカタルニャ地方主義運動の主導権がブルジョアジーから左派の掌中へ移って急進化し,イギリス型の二大政党制に基づく立憲君主制を意図した当時の国家体制(1876年体制)と鋭く対立した。そうした中で,1923年,カタルニャ管区総司令官の職にあったプリモ・デ・リベラ将軍は,バルセロナでクーデタを起こし,独裁政を樹立した。独裁政崩壊後の31年の自治体選挙に勝利した反王政派は,バルセロナでは首都マドリードよりも数時間早く,第二共和国成立を宣言した。…

※「プリモ・デ・リベラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プリモ・デ・リベラの関連キーワードプリモ・デ・リベラ(José Antonio Primo de Rivera y Sáenz de Heredia)リベラ(José Antonio Primo de Rivera y Sáenz de Heredia)プリモ・デ・リベラ(Miguel Primo de Rivera y Orbaneja)リベラ(Miguel Primo de Rivera y Orbaneja)ミゲール・デ ウナムーノ・イ・フーゴウェイレル・イ・ニコラウアルフォンソ(13世)マウラ・イ・モンタネルホセ カルボ・ソテロラルゴ・カバリェロスペイン社会労働党プリモ・デ・リベラアルカラ・サモラカルボ・ソテロマドリード大学スペイン内戦ファランヘ党ウナムーノスペイン史4月24日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android