コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルサーマル発電

1件 の用語解説(プルサーマル発電の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プルサーマル発電

原発の使用済みウラン燃料からプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜて再び燃料(MOX燃料)として活用する仕組み。ウランの有効利用を目的とした国の核燃料サイクル計画の柱。国内では昨年11月に九州電力玄海原発(佐賀県)が初めて運転を始め、今年3月に四国電力伊方原発(愛媛県)が続いた。電力会社側は15年度までに16~18基での導入を目指している。海外では07年末までに57基で実施された。

(2010-06-29 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルサーマル発電の関連キーワードプルトニウム劣化ウラン再処理工場プルサーマル計画プルサーマル計画とトラブル隠し核燃料と核兵器六ケ所再処理工場青森県六ケ所村の核燃料再処理工場プルサーマルとMOX燃料

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プルサーマル発電の関連情報