コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルデンチウス Prudentius Clemens, Aurelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルデンチウス
Prudentius Clemens, Aurelius

[生]348. スペイン,サラゴサ
[没]405頃
ローマの詩人。キリスト教ラテン詩人。古典ラテン文学に精通して,多くの韻律を巧みにこなした。作品は賛美歌集『一日の記』 Cathemerinon,聖者の殉教を歌った 14編の抒情詩『栄冠』 Peristephanon,教訓詩『魂の戦い』 Psychomachia,論争詩『シュンマクスに答えて』 Contra Symmachum。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プルデンチウスの関連キーワードキリスト教文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android