コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルドーベイ油田 プルドーベイゆでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルドーベイ油田
プルドーベイゆでん

アメリカ合衆国アラスカ州ブルックス山脈の北麓プルドーベイ沿岸のノーススロープに位置する大油田。1968年アトランチック・リッチフィールド ARCOが発見。究極的可採埋蔵量(→可採埋蔵量)は約 120億バーレルといわれる。1969年 200万バーレル/日のパイプラインをノーススロープから南方のバルディーズまで建設する計画が立てられたが,地元の先住民,環境論者の反対などで工事は大幅に遅れ,1977年春に総工費 92億ドルでようやく完成,6月に送油を開始した(→アラスカ・パイプライン)。原油の性状は API比重 27.5度,硫黄分 1.12重量%。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プルドーベイ油田の関連情報