コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレクリアランス preclearance

大辞林 第三版の解説

プレクリアランス【preclearance】

出入国管理において、相手国の空港内で自国の係員が入国審査を行う制度。入国手続きの円滑化などを目的に実施されるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

プレクリアランス

出入国管理において、相手国の空港に自国入国審査官を派遣し渡航前に現地で入国審査を行う制度。入国・税関・検疫などの手続きを現地で行うことにより、自国での審査を簡素化し待ち時間などの短縮を図るとともに、上陸拒否事由に該当する外国人は渡航を事前に取り止めさせるなどして、不法滞在やテロなど違法行為の発生を抑制する効果が期待できる。2015年5月、米国土安全保障省はプレクリアランスの対象を東京・成田空港を含めた10空港に拡大する交渉に入る計画を発表。日本では、05年5月~09年10月に韓国・仁川空港と台湾・桃園空港でプレクリアランスを実施しており、17年度より本制度を台湾との間で再開する方針となっている。

(2016-2-5)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

プレクリアランスの関連キーワード出入国管理係員

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android