コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレブナの戦い プレブナのたたかいBattle of Plevna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレブナの戦い
プレブナのたたかい
Battle of Plevna

1877~78年の露土戦争中,ブルガリア北部のプレブナでオスマン帝国軍とロシア軍が戦った戦役。オスマン軍はプレブナ方面軍司令官オスマン・パシャが巧妙な戦術を展開して,ドナウ川を渡渉し南下したロシア軍を悩ませた。ロシア軍は3回の突撃と 143日間にわたる包囲ののち,やっと突破した。以後ロシア軍の攻撃は急速に進み,78年1月 31日エディルネで休戦条約が調印された。なおこの戦いののち,オスマン・パシャはスルタンからガージーの称号を与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレブナの戦い
ぷれぶなのたたかい

第六次ロシア・トルコ戦争(1877~78)中、1877年7~12月にブルガリア北部のプレブナPlevna(現プレベン)において行われた戦い。ロシア軍は、トルコ軍の守るプレブナの要塞(ようさい)を攻撃したが、兵器も軍事技術も旧式であったうえに、指揮系統の乱れや補給の悪さも加わって、近代的装備のトルコ軍に三度も手痛い反撃を受け、多くの犠牲を出した。ロシア側は、クリミア戦争(1853~56)時の英雄トートレーベン将軍をペテルブルグから呼び寄せ、同年10月要塞を完全に包囲し、これを突破しようとするトルコ軍と12月10日激戦を交え、トルコ軍を降(くだ)して4万3000人を捕虜とした。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プレブナの戦いの関連キーワードおもなお雇い外国人西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門レヤードアーサーヘルテルアームストロングパーマー桐野利秋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android