コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロキシーサーバー プロキシー サーバー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロキシーサーバー

「代理」の意味。主に企業内ネットワークにおいて、社内ネットワークとインターネットとの接続地点で、社内クライアントからのリクエストを代行して両者の通信を中継するアプリケーション。インターネットから社内ネットワークへの不必要な通信を遮断することで攻撃を防いだり、社内ネットワークからインターネットへの接続は、ユーザーやアプリケーションを特定してアクセスを制御する。単にプロキシーといった場合、HTTPでの通信を中継する、HTTPプロキシーを指すことが多い。FTPやTelnet、Gopherなどのプロキシーサーバーもある。プロキシーサーバーの通信代行以外の機能としては、読み込んだデータを一時的に保存するキャッシュ機能がある。たとえばHTTPプロキシーでは、ユーザーがアクセスしたWebページを保管しておくことで、2回目以降のアクセスが高速化される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

プロキシーサーバー【proxy server】

「プロキシー」の別称。⇒プロキシー

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

プロキシーサーバーの関連キーワード代理サーバー

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android