プロスペクト理論(Prospect Theory)

外国為替用語集の解説

プロスペクト理論(Prospect Theory)

人は利得損失に異なるウエイトを、また確率に関して異なるレンジ(範囲)を置いており、利得を得て幸せなときよりも、同等の損失による痛みの方が大きく感じるとした理論。ダニエル・カーネマンが1979年に発表。経済学ファイナンスの世界では人間は合理的に行動することが前提になっているが、投資家は非合理的な感情で動くことが説明されている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android