プーテンマリガ宮殿(読み)プーテンマリガキュウデン

デジタル大辞泉の解説

プーテンマリガ‐きゅうでん【プーテンマリガ宮殿】

Puthen Malika palace》インド南部、ケララ州の都市トリバンドラムにある宮殿。19世紀半ば、トラバンコール藩王国の藩王により建造。チーク、紫檀などを用いたケララの伝統的な木造建築であり、梁(はり)などに精緻な木彫が施されている。現在は博物館になっており、藩王ゆかりの品々や武具、陶磁器などを展示。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android