コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーラナ・カッサパ Pūraṇa‐Kassapa

1件 の用語解説(プーラナ・カッサパの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プーラナ・カッサパ【Pūraṇa‐Kassapa】

古代インド,前6~前5世紀の自由思想家(仏教側からいう〈六師外道〉)の一人で,形而上学を伴わない道徳否定論を説いた。生没年不詳。釈迦と同時代の人で奴隷の出身とされる。漢訳仏典では不蘭迦葉(ふらんかしよう)と音訳される。彼は殺人や盗みなどをしても悪をしたことにはならず,布施や修養などをしても善をしたことにはならず,したがって善悪いずれのの報いも存在しないとした。この結論は他の自由思想家の何人かと共通するが,それらが根拠として形而上学を説くのに対し,彼の説はその側面をもたないのが特徴となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プーラナ・カッサパの関連キーワード尸子鄒衍思想家思想の自由自由思想家スンガリグベーダインドアーリアン自由思想摩訶陀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone