コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーラナ・カッサパ Pūraṇa‐Kassapa

世界大百科事典 第2版の解説

プーラナ・カッサパ【Pūraṇa‐Kassapa】

古代インド,前6~前5世紀の自由思想家(仏教側からいう〈六師外道〉)の一人で,形而上学を伴わない道徳否定論を説いた。生没年不詳。釈迦と同時代の人で奴隷の出身とされる。漢訳仏典では不蘭迦葉(ふらんかしよう)と音訳される。彼は殺人や盗みなどをしても悪をしたことにはならず,布施や修養などをしても善をしたことにはならず,したがって善悪いずれのの報いも存在しないとした。この結論は他の自由思想家の何人かと共通するが,それらが根拠として形而上学を説くのに対し,彼の説はその側面をもたないのが特徴となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android