コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘクサプラ Hexapla

翻訳|Hexapla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクサプラ
Hexapla

ギリシア語で「6重の」意。オリゲネスによってカエサレアで編まれた膨大な6欄の対訳旧約聖書。6欄聖書ともいう。6欄は,(1) ヘブライ語子音本文,(2) ギリシア文字によるヘブライ語の音写,(3) アクィラ訳,(4) シュンマコス訳,(5) 改訂セプトゥアギンタ,(6) テオドチオン訳となっており (いずれもギリシア語訳) ,本文批評も施されているが,特にヘブライ語との照合においてセプトゥアギンタを改訂することがねらいであったらしく,ほかのギリシア語訳も詳細に対照してある。 245年以前におそらく 20年の歳月をかけて完成され,約 7000ページから成ると推定される。イスラム教徒のパレスチナ侵入のとき (638) 喪失,のち断片が収集された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘクサプラの関連キーワードシリア語訳聖書テオドティオン

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android