コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘコアユ(兵児鮎) ヘコアユAeoliscus strigatus

世界大百科事典 第2版の解説

ヘコアユ【ヘコアユ(兵児鮎) Aeoliscus strigatus】

ヨウジウオ目ヘコアユ科の海産魚(イラスト)。小エビを好んで食べるところから,英語では一般にshrimp fishという。体は細長くて極端に側扁し,体側がカメのように堅い甲板で覆われる。甲板は透明で3縦列に並び,腹中線は全長にわたり鋭い縁をなしている。このため,オーストラリアではrazor fish(かみそり魚)の名で呼ばれる。吻(ふん)は管状にのび,先端の口には歯がない。ひれの配置も特殊で,背びれ尾びれ,しりびれが尾部の腹側に集まっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android