コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッジ目的のデリバティブ取引

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヘッジ目的のデリバティブ取引

現物の取引で生じる損益を、先物取引での損益で相殺する取引。例えば、外貨建て社債の為替変動リスクを避けるためなら、社債が将来償還される期日に、相場に関係なく一定のレートで円に替えることができる権利を得る「通貨オプション取引」を行う。社債償還時に円高が進んで損失を被っても、オプション取引で得た為替差益と相殺できる。

(2009-08-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android