ヘニング マンケル(英語表記)Henning Mankell

現代外国人名録2012の解説

ヘニング マンケル
Henning Mankell


国籍
スウェーデン

専門
作家;舞台演出家

生年月日
1948/2/3

出生地
スウェーデン ストックホルム

経歴
児童向けから大人ものの推理小説まで幅広い作品を手掛け、スウェーデンを代表する人気作家となる。1991年スウェーデンの警察小説〈クルト・ヴァランダーシリーズ〉の第1作「殺人者の顔」を発表。スウェーデン社会をもっともよく描写したと評され、20ケ国語以上に翻訳される。同シリーズの「目くらましの道」でCWA賞ゴールドダガー賞を受賞。小説「少年のはるかな海」ではスウェーデンのニルス・ホルゲション賞とドイツ児童文学賞を受け、’96年児童文学における活動全般に対してアストリッド・リンドグレーン賞を受賞。モザンビークで劇場建設にも貢献。

受賞
ニルス・ホルゲション賞「少年のはるかな海」;ドイツ児童文学賞「少年のはるかな海」;アストリッド・リンドグレーン賞〔1996年〕;CWA賞ゴールドダガー賞〔2001年〕「目くらましの道」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android