コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビイチゴ(蛇苺) ヘビイチゴDuchesnea indica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビイチゴ(蛇苺)
ヘビイチゴ
Duchesnea indica

バラ科の多年草。日本全土,東アジアに分布し,野原や路傍に普通に生える。茎は長い軟毛をかぶり,結実期に長く伸びて地面をはう。根出葉長柄があり,3出複葉で小葉卵形葉柄基部に卵状披針形の托葉がある。春から初夏にかけて,葉腋から長い花柄を出し径 2cmほどの黄色の花をつける。萼は5枚,同大花弁が5枚あり,おしべめしべは多数ある。痩果は小さく赤色で粒状,熟すると淡紅色で海綿状の花托上に散在し,全体として球形の集合果となる。味はまずく食用にされることはないが,この果実を有毒とする俗説は誤りである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビイチゴ【ヘビイチゴ(蛇苺) Duchesnea chrysantha Miq.】

匍匐(ほふく)枝をのばし群生し,初夏に真赤なイチゴ状果をつけるバラ科の多年草(イラスト)。原野や田のあぜによく見られ,葉は3出複葉で互生し,長い柄がある。春,葉腋(ようえき)から長い柄をのばし,上向きに1個の花をつける。花弁は5枚,黄色で,萼片および副萼片がある。おしべ20本,めしべ多数で,開花後,花托は球形にふくらむ。その上に多数の瘦果(そうか)をつける。 ヘビイチゴのイチゴ状果は有毒であるといわれているが,実際は無毒である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヘビイチゴ(蛇苺)の関連キーワード匍匐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android