コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビイチゴ(蛇苺) ヘビイチゴ Duchesnea indica

2件 の用語解説(ヘビイチゴ(蛇苺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘビイチゴ(蛇苺)
ヘビイチゴ
Duchesnea indica

バラ科の多年草。日本全土,東アジアに分布し,野原や路傍に普通に生える。茎は長い軟毛をかぶり,結実期に長く伸びて地面をはう。根出葉は長柄があり,3出複葉で小葉は卵形,葉柄の基部に卵状披針形の托葉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビイチゴ【ヘビイチゴ(蛇苺) Duchesnea chrysantha Miq.】

匍匐(ほふく)枝をのばし群生し,初夏に真赤なイチゴ状果をつけるバラ科の多年草(イラスト)。原野や田のあぜによく見られ,葉は3出複葉で互生し,長い柄がある。春,葉腋(ようえき)から長い柄をのばし,上向きに1個の花をつける。花弁は5枚,黄色で,萼片および副萼片がある。おしべ20本,めしべ多数で,開花後,花托は球形にふくらむ。その上に多数の瘦果(そうか)をつける。 ヘビイチゴのイチゴ状果は有毒であるといわれているが,実際は無毒である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘビイチゴ(蛇苺)の関連キーワードセリ(芹)匐枝匍匐匍匐前進白花の蛇苺透きとおった糸をのばしてオリヅルランダイコンドラタマシダミズタマソウ(水玉草)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone