コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘビクイワシ(蛇喰鷲) ヘビクイワシsecretary‐bird

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビクイワシ【ヘビクイワシ(蛇喰鷲) secretary‐bird】

長くじょうぶな脚で地上を歩きながら獲物をつかまえるタカ目ヘビクイワシ科の鳥(イラスト)。この科はヘビクイワシ1種だけからなる。くびの後ろに長い20枚の先端の黒い冠羽があり,英名はその姿が,羽根ペンを耳にはさんだり,かつらにさしたりした18世紀ころのヨーロッパの書記官に似ていることによる。アフリカのサハラ砂漠より南に広く分布する。草原を好み,森林や,やぶの深いサバンナにはすまない。全長約120cm,頭高約1m,雄のほうがやや大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android