ヘビクビガメ(蛇頸亀)(読み)ヘビクビガメ(英語表記)snake‐necked turtle

世界大百科事典 第2版の解説

ヘビクビガメ【ヘビクビガメ(蛇頸亀) snake‐necked turtle】

ヘビクビガメ科Chelidaeに属するくびの長いカメ類の総称。約10属37種が南アメリカ,オーストラリア,ニューギニアの淡水に分布する。大半は甲長20cm前後の小型であるが,奇異な頭頸(とうけい)部の形状で知られるマタマタChelus fimbriatus(イラスト)は甲長約40cmに達する。ヘビクビガメの名のとおり,頭頸部がヘビのように細長く,これを甲の縁に沿って水平に曲げ,背甲と腹甲の間に隠す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android