コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプターキー ヘプターキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘプターキー

七王国」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘプターキー
へぷたーきー
Heptarchy

中世初期のイギリスにおいて、アングロ・サクソン人ブリタニアの島に定住してからエグベルト王により統一されるまで、互いに覇を競ったサセックスウェセックスケントエセックス、イースト・アングリア、マーシアノーサンブリアの七王国をいう。最初の覇王はサセックスのエレ王(在位477ころ~491以後)、ついでウェセックスのキーウリン王(在位560~593)、ケントのエゼルバート王(在位560~616)、イースト・アングリアのレッドワルド王(616~627年の間に死去)と続く。その後、ノーサンブリア、イースト・アングリアを制圧したマーシアのペンダ王(在位632ころ~654)がイングランド中部を制し、オファ王(在位757~796)時代の繁栄をみた。しかし、マーシアの発展に押されていたウェセックスにエグベルト王(在位802~839)が出て825年マーシア、829年ノーサンブリアを破り、ウェセックスによるヘプターキー統一の足掛りをつくった。[富沢霊岸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone