コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプターキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘプターキー

七王国」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘプターキー
へぷたーきー
Heptarchy

中世初期のイギリスにおいて、アングロ・サクソン人がブリタニアの島に定住してからエグベルト王により統一されるまで、互いに覇を競ったサセックス、ウェセックス、ケント、エセックス、イースト・アングリア、マーシア、ノーサンブリアの七王国をいう。最初の覇王はサセックスのエレ王(在位477ころ~491以後)、ついでウェセックスのキーウリン王(在位560~593)、ケントのエゼルバート王(在位560~616)、イースト・アングリアのレッドワルド王(616~627年の間に死去)と続く。その後、ノーサンブリア、イースト・アングリアを制圧したマーシアのペンダ王(在位632ころ~654)がイングランド中部を制し、オファ王(在位757~796)時代の繁栄をみた。しかし、マーシアの発展に押されていたウェセックスにエグベルト王(在位802~839)が出て825年マーシア、829年ノーサンブリアを破り、ウェセックスによるヘプターキー統一の足掛りをつくった。[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘプターキーの関連キーワードベーダ(歴史家、神学者)カンタベリー(イギリス)ヨークシャー(イギリス)サフォーク(イギリス)ケント(イギリス)ノーサンバーランドウェセックス王国民族大移動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android