コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラ[サモス] Hēra; Hera of Samos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラ[サモス]
Hēra; Hera of Samos

サモス島のヘラの神域から発見されたギリシアのアルカイック期の一連の女性立像。アルカイック初期,前6世紀中葉のサモス派の作。クソアノンの形式を伝える大理石像。いずれも円柱を思わせる円筒形の直立像で,右手を脇につけて垂らし,左手を胸に当て,縦に細くひだの刻まれたキトンとヒマティオンを身に着けている。なかでもよく知られた例は,『ケラミュエス奉納の婦人像』 (ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android