コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラ[サモス] ヘラサモス Hēra; Hera of Samos

1件 の用語解説(ヘラ[サモス]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラ[サモス]
ヘラサモス
Hēra; Hera of Samos

サモス島のヘラの神域から発見されたギリシアアルカイック期の一連の女性立像。アルカイック初期,前6世紀中葉のサモス派の作。クソアノンの形式を伝える大理石像。いずれも円柱を思わせる円筒形の直立像で,右手を脇につけて垂らし,左手を胸に当て,縦に細くひだの刻まれたキトンヒマティオンを身に着けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘラ[サモス]の関連キーワードサモス島ダイモスヘライオンミロス島ティロス島Πυθαγόρειοヘラ神殿レロス島サモス土サモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone