コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクリアヌス Heraclianus

1件 の用語解説(ヘラクリアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラクリアヌス【Heraclianus】

?‐413
ローマ帝国末期の軍人。408年にスティリコを処刑したのち,アフリカ軍司令官に任じられる。409‐410年西ゴートローマ市に迫り対立帝を立てた際に,ホノリウス帝への忠誠を貫いた報奨として,413年のコンスルに任じられたが,その年に謀反。艦隊を率いてローマの近くに上陸したが政府軍に敗れ,カルタゴへ逃れたがそこで処刑された。この謀反の動機は定かではないが,スティリコびいきの将軍コンスタンティウスによるオリュンピウス処刑に,スティリコ処刑者たる彼が身の危険を感じたからとも推測されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘラクリアヌスの関連キーワードアルカディウス神聖ローマ帝国西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンテオドシウスパックスロマーナローマ帝国古代ローマ帝国中世ローマ帝国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone