コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクリアヌス Heraclianus

1件 の用語解説(ヘラクリアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラクリアヌス【Heraclianus】

?‐413
ローマ帝国末期の軍人。408年にスティリコを処刑したのち,アフリカ軍司令官に任じられる。409‐410年西ゴートローマ市に迫り対立帝を立てた際に,ホノリウス帝への忠誠を貫いた報奨として,413年のコンスルに任じられたが,その年に謀反。艦隊を率いてローマの近くに上陸したが政府軍に敗れ,カルタゴへ逃れたがそこで処刑された。この謀反の動機は定かではないが,スティリコびいきの将軍コンスタンティウスによるオリュンピウス処刑に,スティリコ処刑者たる彼が身の危険を感じたからとも推測されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘラクリアヌスの関連キーワードデモステネス差戻しアンテミウス稲敷(市)アルカディウスアルカディウス県内のいじめ東南海地震と南海地震神の国鳩摩羅什

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone