コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレイデス[ポントスの] Hērakleidēs

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラクレイデス[ポントスの]【Hērakleidēs】

前390ころ‐?
古代ギリシアの哲学者,天文学者。黒海南岸のポントスの生れ。プラトンアカデメイアに入り,プラトン,アリストテレスに師事。当時の〈哲学者〉のつねとして,多くの分野にわたって対話体で書物を書いたらしいが,今日に伝わるものは数少ない。歴史的なさまざまな著作のなかで,ヘラクレイデスは水星と金星が太陽を中心として回転するという考え方の創始者として,さらには地軸を中心にして,地球が日周運動(自転)をするという考え方を提出した人として知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘラクレイデス[ポントスの]の言及

【アリスタルコス[サモスの]】より

…太陽中心的な宇宙体系(地動説)の創案者として知られている。ギリシアにおける地動説としては,ピタゴラス派に〈中心火〉なるものの周囲を,太陽,地球を含むすべての天体が回転するという体系はあるし,ポントスPontosのヘラクレイデスHērakleidēs(前388ころ‐前315ころ)は地球の自転を考えたといわれるが,地球の自転と太陽を回る公転とを考案したのはアリスタルコスが最初といってよい。この体系を記述した彼の著述は現在残っていないが,同時代および後代の人々の言及によって,これらの事柄は確認されている。…

【アリスタルコス[サモスの]】より

…太陽中心的な宇宙体系(地動説)の創案者として知られている。ギリシアにおける地動説としては,ピタゴラス派に〈中心火〉なるものの周囲を,太陽,地球を含むすべての天体が回転するという体系はあるし,ポントスPontosのヘラクレイデスHērakleidēs(前388ころ‐前315ころ)は地球の自転を考えたといわれるが,地球の自転と太陽を回る公転とを考案したのはアリスタルコスが最初といってよい。この体系を記述した彼の著述は現在残っていないが,同時代および後代の人々の言及によって,これらの事柄は確認されている。…

※「ヘラクレイデス[ポントスの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘラクレイデス[ポントスの]の関連キーワード修道院紫外線写真ネット広告アウストラロピテクス・アナメンシスアファレンシスバーレルガザリアフリカヌスガルヒ放送権料法定選挙費用

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android