コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラヤガラ(篦矢柄) ヘラヤガラ Aulostomus chinensis

1件 の用語解説(ヘラヤガラ(篦矢柄)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラヤガラ【ヘラヤガラ(篦矢柄) Aulostomus chinensis】

ヨウジウオ目ヘラヤガラ科の海産魚(イラスト)。近縁のヤガラに似た体型で細長く,かつ吻端(ふんたん)から尾端まで側扁し,竹べらを連想させるためこの名が与えられた。また,吻が管状で著しく長く,その先端にある口が斜め上方に開くところから,英名をtrumpet fishという。背びれとしりびれがほぼ同形で後方に対置し,背びれの前方に遊離した棘(きよく)が8~12本並ぶことも特徴である。胸びれは小さく,腹びれはいっそう小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘラヤガラ(篦矢柄)の関連キーワードマダラ赤矢柄鷺笛兵児鮎矢柄楊枝魚アカトビウオアヤトビウオカラスガレイハドック

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone