ヘラヤハズ

海藻海草標本図鑑の解説

ヘラヤハズ

からだは始め中を持つ一枚の単状の葉状体であるが,中肋より二次葉を発出し,同様に二次葉より三次葉,三次葉より四次葉を出して樹枝状になる。生長すると,一次葉では翼葉が脱落して中肋のみとなり,枝として機能しているようにみえる。近縁のヤハズグサも 同様の構造をするが,本種の方が葉が細く,厚みがあるので区別できる。円錐盤状の付着器付近は短毛が密生し,下部の体表面にも短毛が密生する。また,付着 器で繋がった複数の個体が確認されることから頻繁に栄養繁殖しているものと考えられる。顕微鏡で観察すると,からだの先端には生長点細胞が一列に並ぶ。皮 層には色素体を持つ楕円形から長楕円形の小さな細胞が1〜2層みられる。髄層は,辺縁部では無色のやや大形の細胞が4〜6層並び中肋部ではやや小さな細胞 が10〜15層並ぶ。手触りはやや硬いセルロイド質。生体は緑がかった濃褐色〜黄褐色。押し葉標本にすると台紙につかず,黒みがかった暗色になる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android