ヘルマンド湖(読み)へるまんどこ(英語表記)Helmand

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルマンド湖
へるまんどこ
Helmand

アフガニスタン南西端、イランとの国境にある湖。ヘルマンド川、ファラー川などが流入する。春から秋にかけては上流山地の雪解け水により増水し面積が拡大するが、冬にはかなり干上がる。最大時には北のジレー湖とつながり、長さ160キロメートル、幅40キロメートルになる。水は塩分を含むが飲料に堪え、湖中の魚やカモは食料となる。湖岸には3メートル以上のアシが茂る。[勝藤 猛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android