ヘルンイョーサンド(読み)へるんいょーさんど(英語表記)Härnösand

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルンイョーサンド
へるんいょーさんど
Hrnsand

スウェーデン北部、ノールランド地方の港湾都市。人口2万5227(2001)。ボスニア湾に面した自然の良港を有し、機械、鋳物、製材、たばこの工業がある。1600年代より北部地方の文化・行政の中心地となり、当時より他都市のように火災にあうこともなく、裁判所を中心に古い町並みを残して今日に至る。各種の専門学校と広い野外博物館がある。ノールランドの人と風土を描いた作家ノードストリョームLudvig Nordstrm(1882―1942)の作品に登場する美しい町。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android