コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレフリンタ hälleflinta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘレフリンタ
hälleflinta

微細な石英,斜長石を主成分鉱物とする緻密な変成岩。化学組成のうえでは流紋岩にほぼ対応する。中南部スウェーデンでは片麻岩,石灰岩と互層するので変成岩とみられる。日本では中央構造線に分布する片麻岩の圧砕の進んだものや,北海道の日高変成帯の断層に伴うケイ質岩をこの名で呼んだことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

ヘレフリンタ

スウェーデン,フィンランドで片麻岩,雲母片岩レプタイトなどの岩石に伴い広く分布する極めて細粒粒状組織を示す変成岩[Cronstedt : 1758].もとはチャート状の岩石とされていたが,現在は蜂蜜のような外観の粒状岩に使用する.細粒緻密な岩石で斑状や縞状のものがある.鉱物組成は石英,長石,雲母,緑泥石などからなり,流紋岩,石英斑岩,酸性凝灰岩などの酸性火成岩が接触変成作用によって生じた岩石と考えられている.スウェーデン語でhälleは岩石,flinteは火打ち石,硬い石の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ヘレフリンタの関連キーワードヘレフリンタ白粒岩フェルシトイド岩ポーフィロイドクリプタイトフィリトイドヘレ片岩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android