コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロデ・アグリッパ[1世] Herod Agrippa I

世界大百科事典 第2版の解説

ヘロデ・アグリッパ[1世]【Herod Agrippa I】

前10‐後44
ユダヤ王。在位37‐44年。ラテン名はMarcus Julius Agrippaヘロデ大王の孫。少年時代をローマで過ごす。カリグラ帝により,37年叔父ピリポ(フィリッポス)の領地を得て王となり,さらに領土を拡大して41年には全パレスティナを支配。彼はコンスル(執政官)身分にまで昇進し,その一族はローマ皇帝のユリウス氏族に加えられた。王国内では敬虔なユダヤ教徒としてふるまい,人気は高かったが,キリスト教徒は弾圧した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android