コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンデルのメサイア

1件 の用語解説(ヘンデルのメサイアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヘンデルのメサイア

キリストの生誕から受難、復活までを53曲の合唱や独唱、管弦楽曲でつないだオラトリオベートーベンの「第九」より80年以上前の1741年に作曲された。大きく3部に分かれており、全曲では約2時間半になる。第2部の終わりにある「ハレルヤコーラス」は有名で、聴いていたイギリス国王が起立したと伝えられることから、聴衆が起立するのが慣例になっている。

(2011-11-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンデルのメサイアの関連キーワードアガペーキリストの復活四旬節受難曲受難劇受難節聖史劇聖週間パッションテオファネイア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンデルのメサイアの関連情報