ヘーゼン(Bruce C. Heezen)(読み)へーぜん(英語表記)Bruce C. Heezen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘーゼン(Bruce C. Heezen)
へーぜん
Bruce C. Heezen
(1924―1977)

アメリカの海洋学者。アイオワ州ビントンに生まれる。コロンビア大学で学位を得て、海洋学者のユーイングに師事した。コロンビア大学ラモント(現、ラモント・ドハティ)地質研究所研究員を経て同大学地質学部助教授。1929年の北大西洋北部の地震に伴う海底電線切断事件を、1952年に混濁流との関係で解明し注目された。1961年、海洋底拡大説を提唱し、ヘスディーツとともに同理論提唱者の一人とされる。北大西洋のレイキャネス海嶺(かいれい)観測に赴く途中、アメリカの調査研究用原子力潜水艦NR-1号上で病気のため死亡した。主著に『The Face of the Deep』(共著・1971)などがあり、また独特の表現法による海底地形図『The Floor of the Oceans, I : The North Atlantic』(共著・1959)も、この種の図に新機軸を開いたものとして有名である。

[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例