コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘール・ボップ彗星 ヘール・ボップすいせいHale Bopp Comet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘール・ボップ彗星
ヘール・ボップすいせい
Hale Bopp Comet

1995年7月に発見された超巨大彗星。アメリカのアマチュア天文家アラン・ヘールとトーマス・ボップが発見した。核の直径は 40km,発見時の光度は 10等級。 97年4月1日,近日点を通過。地球接近時の光度はマイナス 1.7等級に達した。軌道計算によると,前回の接近は約 4200年前,次の回帰は約 2400年後になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘール・ボップ彗星の関連キーワードサイバーカルトサイバー宗教

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android